"Christian Astrology Vol.3"、@大阪・レディナダさん

  • 2014.03.31 Monday
  • 05:00


 おはようございます、倉本和朋です。


 今回は、3月29日(土)大阪・レディナダさんでの、占星術洋書読みの機会について
ご報告致します。


 貴重な機会を下さいました、レディナダさん主宰・澤恵先生に感謝致します、ありが
とうございました。

 ご参加頂きました皆様にももちろん、感謝申し上げます。ありがとうございました。


 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 前回、2月の"C.A.Vol.1,2"に次いでの"Christian Astrology Vol.3"は、ネイティヴィ
ティ(ネイタル)、ならびに未来予知を論じた一冊になります。

 冒頭、デヴィッド・ロエルD.Roellが述べていますように、ひょっとしたら、後世の私達が
その価値を看過してきたに過ぎず、名著の誉れ高い、ホラリーを論じたVol.2同様の
値打ちのある部分なのかもしれません。




 前半180分はネイタル・チャートの精度、すなわち出生時間の精度を問う技術であり
ます、レクティフィケーションにかんする文章にフォーカスさせて頂きました。

 幾つか紹介がされております手法のうち、各天体のタームの度数等、"Promittor"
等が書かれました表と、ライト・アセンションの表(p.492〜)とを用いる手法が詳述され
ました部分を精読させて頂きました。

 各表ならびに、(リリーによる)計算数値とを照合しつつの読書となりましたのは、未来
予知を述べた、デルースR.DeLuceの一冊を読んだ時と同じ…それにしても今回、この
デルースの一冊を、ご参加頂きました皆様に、手にお取り戴くべく、持参致しましたのは
つくづく正解でした。



 後半180分はディレクションについての文章精読でした。前半のレクティフィケーショ
ン考察で既に、ディレクションは必須でしたから、内容自体は難しくはなかったかと存じ
ます。

 ディレクションのお話の際、上記デルース本と併せてご紹介させて頂きましたのは、
上述冒頭でロエル氏も触れております、コレヴL.Kolevの一冊。私はわざわざ(苦笑)、
洋書を購入と致しましたが、和訳本がございますのでそちらを改めてお奨め致します
次第です。



 今回を以て、約900頁の分量になります、歴史的大著をダイジェストという形ではござい
ますが、6時間×2回=12時間で読み進めました事になります。

 平素行わせて頂いております読書会がたとえば、約400頁の分量著書を15時間(=150
分×6回)程度で読み進める格好である事を踏まえれば、互いの性格づけはやはり異な
りますね。

 そして平素の読書会は基本、Ustream用PC内蔵カメラを前に、私一人で進めさせて頂
いておりますので、ご参加頂きます皆様からのリアクションがございます事じたい、大い
に異なる処でございます。改めて皆様、そして澤様に感謝申し上げます、ありがとうござ
いました。



 29日はありがとうございました。今後も何卒、よろしくお願い致します。

スポンサーサイト

  • 2018.05.20 Sunday
  • 05:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 毎日のタロット一枚引きまとめ:01月16日(土)〜18日(月)
      かわら (01/21)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      倉本和朋 (03/04)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      astara-miyako (12/19)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM