スポンサーサイト

  • 2018.09.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    東京奥多摩・御岳山小旅行記

    • 2018.01.21 Sunday
    • 05:00

    おはようございます。

     

    今回は去る1月7日(日)に行ってまいりました、東京奥多摩・御岳山小旅行について書きます。

     

    朝5時出発、東京・立川駅青梅線ホームに着いたのが6時半頃。青梅線電車(=扉開閉は押ボタン式)車窓からの景色は東青梅駅あたりから山景色に変わりました。電車もこの駅あたりから単線になったように記憶しています。

     

     

     

    7時半頃御嶽駅到着、ここから登山ショップで予め購入・用意していたニット帽を被りましたが、旅を終え振り返った今でもこれは買っておいて良かった〜、と思えるスグレ物なのでございます、頭部の熱を逃さない。

     

    これとインナー上下(「厳寒対応」)を登山ショップで購入しましたが、総て高価だったけどMVP、マン・オヴ・ザ・マッチ級の働きをしてくれました。一方で、予算不足ゆえコンビニで購入したもの(=日頃のジョギング用)で済ませ用意した手袋は要をなさず、自身の首周りに押し当て暖を取っていた方がマシな程でした。ちなみにこの日の朝9時の御岳山(頂上付近)の気温は気象予測数値計算値によりますと-1℃でした。

     

    多摩川上流御岳渓谷

     

    歩き始めて間もなく、同じ御岳山(標高929m)を目指していると思われる方々をどんどん抜いてゆく自分を「ペース配分を知らぬ愚か者なのでないか」と戒めスロー・ダウンしたつもりなのですが、それでも速足の方だったと思います。まぁ、御岳山に連なる山々等もありますから、目的地じたいが私のそれと違っていたのかもしれません。

     

    御岳登山鉄道(ケーブルカー)の滝本駅に着くまでのアップの道が早くもキツい。「滝本駅駐車場まであと500m」の表示にある「500m」が先に思える、平坦な道だと500mか、ていうようなものなのだろうけども。

     

    滝本駅以降の登山に入ってから、勾配は更にキツい。そのかわり発汗により体温が上がり手の冷えが気にならなくなりました。登山道の半分を過ぎたあたりから勾配が比較的緩やかになりましたが、かわりにまた手が寒くなりました。持っていた手袋が自然と暖かくなっていたので再度装着。でも今考えれば、この道は舗装されているものなので楽な方だったのかもしれません。

     

    登山道とケーブルカーとが交差の地点にて

     

    ケーブルカー御岳山駅方面との合流地点で追いつきました、ご年配の方が話しかけて来られたので以降、御嶽神社までご一緒の旅とさせて頂き、参拝もご一緒頂きました。奥多摩地域の山々の登山に相当慣れ親しんだお方で、奥多摩の山々や民俗に因む楽しいお話をたくさん拝聴できました、ありがとうございました!!

     

    青梅では毛筆が盛んだった、と上述ご年配の方から伺いました

     

     

     

     

    誰もいない、広々とした展望台に出た時、思わず♪"Walkin' beside her..."(The Beatles"Every Little Thing")と口ずさんだ自分に笑ってしまう。高校時代、ビートルズの曲を鼻歌として歌うことを習慣としていたゆえであろう、今でも時々気分が高揚した際などでそれらが口を突いて出てくる(どの曲が出てくるかは本人も予測不可能)事があるが、ここではなぜか"Every Little Thing"、しかもジョンが歌った公式テイクでなく、ポールがリハーサルで歌ったテイク(=キーが高いヴァージョン)の歌い方だったな、笑(以上はビートル・マニアの独り言です)。

     

     

    上掲画像では小さすぎて判別できませんが、雪に覆われた群馬県の山々、茨城県の筑波山、東京タワー、スカイ・ツリー、太平洋そして広々とした関東平野全体も綺麗に見えていました、I was happy to be there!!

     

    御岳山に連なる大岳山(=3.9卆茵砲泙蚤を伸ばせば、富士山など西方の山々をも望む事が可能なのですけども、今回は体力・準備共不足ゆえ断念。下山で上半身の体重が両足の付け根にかかるのが、登り以上にキツかったです。帰りの青梅線では座ってしまいました。

     

    ちなみに翌日から三日間程、太腿(特に四頭筋など前の部分)から足首にかけ筋肉痛となり、あれだけ(=栄養剤一本、エネルギー・ジェル×2個、りんご一個、おにぎり(十六穀米30gプラス白米半合)一個、栗羊羹、奥多摩おでんそば一杯、帰宅後普通に夕食、食後にチョコもなかアイス一個)食べたにかかわらず体重は2垳困任靴拭

     

     

    帰りの立川駅では奥多摩おでんそばを頂きました。小学校時代はお小遣いを貯め一年で二、三度食べるのがやっとの一品でした−当時は260円位だったと記憶していますが今は410円です。あの頃ほどの感動はもはや堪能できない、と判っていながらまたもや頂いた格好になります、ごちそうさまでした!!

     

    15時半頃帰宅しました。また山に登ることができれば、今度は手袋も登山ショップで購入・用意し臨みたいと思っています。

     

    スポンサーサイト

    • 2018.09.02 Sunday
    • 05:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 毎日のタロット一枚引きまとめ:01月16日(土)〜18日(月)
        かわら (01/21)
      • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
        倉本和朋 (03/04)
      • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
        astara-miyako (12/19)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM