スポンサーサイト

  • 2018.09.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    占星術洋書レヴュー#03 Garry Phillipson"Astrology in the Year Zero"

    • 2017.12.16 Saturday
    • 05:00

    ギャリー・フィリプソンのインタヴュー記事の素晴らしさは、占星術雑誌"The Mountain Astrologer"誌収録記事などとして、レヴュアーはいくつも拝読し承知しているのですけども、本書は1996〜2000年の間になされた33のインタヴューが、インタヴューの件数ごとでなく著者が掲げた12のテーマごとにソート分けされ編集がなされたうえで、それらテーマにたいする著者の意見までもが述べられた一冊。

     

    表紙をめくってすぐのページに収録された、ヘレン・ハウのレヴュー文(="The Astrological Journal"誌に収録されたもの)にある、「厳密な調査に裏付けられた12のテーマごとの章一つひとつは、あたかもテレビのドキュメンタリー番組のよう」というのは、レヴュアーにとってもしっくりくる秀逸な表現であると考えます。出版はフレアー・パブリケーションズ、すなわち2010年代の欧米占星術を牽引なさっている占星術家の一人、フランク・クリフォード主宰の出版社(2000年刊)。

     

    レヴュアーいわく、A・Tマン編著"The Future of Astrology"(Unwin Hyman 1988、レヴュアーamazon.co.jpにてレヴュー済み、「占星術の未来」というテーマについての、14人の占星術家のエッセイを収録)やラファエル・ナサー編著"Under One Sky"(Seven Paws Press 2004、レヴュアーamazon.co.jpでレヴュー済み、一つのネイタル・チャートについての、12人の占星術師のチャート・リーディングを収録)などと同様、列挙された複数の人々の考え方を比較する(=天秤サインにとっての「物事の理解の仕方(=松村潔先生によれば、各サインの数え09゚ がこれを表す)」を象徴する天秤サイン数え09゚ 、複数の巨匠達の作品を横に並べる、アートギャラリーにかけられた三人の巨匠の度数を思い出す)楽しみを有する著書、という意味では本書も同様であり、さしずめ33人のインタヴューが収録されている事を「33人の作品が並べられている」と考えても良いとレヴュアーは考えます。上述通り、本書は上記「巨匠達の作品」ごとに収録されているという形はとっていませんけども(上掲"The Mountain〜"誌などで、インタヴューごとに読むこともレヴュアーとしては大いにお薦めではございます)。

     

    上記「アート・ギャラリー」に掲げられた、総勢33名の占星術家はベルナディッド・ブレイディ、ニコラス・キャンピオン、ジェフリー・コーネリアス、ロバート・ハンド、リー・レーマン、グレアム・トービン、ノエル・ティル、ロバート・ゾラーら錚々たるもの。彼らの言葉はもちろん、それらをフィリプソンがどのようにデコレートの上「ギャラリーに掲げ」なさるのか、というのが本書の読みどころでしょう。

     

    フィリプソンのインタヴュー記事の秀逸さはロバート・ハンドへのインタヴュー記事を一例として挙げれば、フィリプソンがハンドの著書・雑誌掲載記事など読み得るものは可能な限り目を通し、ハンドから最高の回答を引き出すために最善を尽くしておられるようにレヴュアーには映りました。インタヴューされているハンドはあたかも痒い所にすぐさま手を差し伸べてもらっていることもあってでしょう、答える言葉に躍動感、生々しさがみなぎっていたようにレヴュアーは記憶しています。相手を熟知、とまではゆかずともそれに近いコンディションづくりをなさったうえでインタヴューに臨んでおられるという事ですね(ハンドのように、インタヴューでの(読者からすれば嬉しい)饒舌ぶりが氏の著書での理路整然かつ、平易な(語彙が用いられた)文体と大いなる相違、コントラストをなしている占星術家もいるのを読者は楽しむことができる、というのもあると思います、レヴュアーなどは上記事例によりハンドに対する印象が変わった部分もございます)。

     

    本文はフィリプソンならびに回答なさる占星術家、両者のあいだでのやりとりと、インタヴュー以外の著者自身の言葉と、それぞれフォントを変え収録されているので両者を識別し読みやすい、というのもあります。

     

    第1章「二種類の驚き("amazement")」は著者のまえがきのような内容。占星術家たちがインタヴューで提示した問題や、様々な意見を正確に読者向けに提示しようと努めてきたし、そうすることで読者が自身なりの結論を思い描くであろうとも考えた、一方著者自身は占星術家たちの発言に対しなんら意見を持たない、などと振る舞えば読者にはぶざまに映るかもしれないとしたうえで、にもかかわらず自身が直面した上記占星術家たちのものの見方一つひとつがいかに強靭なものであるかを読者に提示するには、自身の意見を脇に置く方がより効果的である事、ならびにその理由説明をなさるのです。

     

    第2章「占星術に興味を持つこと」は、スコットランドで育ったというクリスティーン・スキナーの、幼少時代のある晩、妖精ブラウニーに連れ添うように父親と一緒に散歩した際、「天体や恒星が地球上の私達に影響を与えると考える人もいるんだ。(長い沈黙)…さっき言ったことはお母さんには内緒だよ」と告げられたエピソードから始まります。スキナーが実際、占星術の世界にどのように入ってゆくのかについては第4章で触れる、と著者は述べ、直後デニス・エルウェルの同じ質問への回答へと注意を移しておられます。

     

    インタヴューに答えている占星術家同士は、互いに何を著者から聞かれどう答えたか知る由もないであろうにかかわらず、互いの回答が何かリンクしているように見えるのもおもしろい−これを著者は「ある占星術家の言葉から他の占星術家の言葉へとエコーがなされたよう」と表現なさっていますが、著者のテーマ設定ならびに引用の仕方・繋ぎ方・編集の仕方などが読者にそう映るようにさせ(魅了し)ているというのもあるでしょう。それは一人の占星術家のインタヴュー一本を丸ごと読む(のも上述通り、すばらしいのですけども)のとは別の醍醐味であり、また占星術家なら誰しも考えていそうなテーマなどをも著者が熟知なさっている、というのもあるかもしれません。

     

    第5章「個人的は仕事」は、コンサルテーションが有する三つの基本フォーマットが.曠蹈好魁璽廚了ち主の特徴分析("Character analysis")、¬ね萢獣痢↓F団蠅亮遡笋紡个垢訶え、の三つであろう、としたうえで始まります、最初に紹介される回答者はノエル・ティル。ティルの場合上述、ハンドと異なりインタヴューでの話し言葉と著書での文体との間の相違、ギャップは少な目というか、あまり無いようにレヴュアーには映りました。

     

    第8章「占星術における疑惑("doubt")」ならびに第12章「占星術とはなにか、科学か魔術か」の二つの章はたとえば運命と自由意思、占星術と宗教・魔術・科学など、占星術に携わっている限り、論争のテーマともなり得る事象に焦点が充てられていますが、欧米の占星術家は占星術家同士のみならず、科学者や宗教家など他職業に携わる人々とディベート、すなわち議論する機会も多いようで、そこで占星術家としての自身の立場をロジカルかつ明確に表明するためにしっかりとした意見を持つ(=結果的に占星術家としての成長にも繋がる)ための緊張がある、とある識者が述べておられた(とレヴュアーは記憶している)のを思い出しました。

    スポンサーサイト

    • 2018.09.02 Sunday
    • 05:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 毎日のタロット一枚引きまとめ:01月16日(土)〜18日(月)
        かわら (01/21)
      • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
        倉本和朋 (03/04)
      • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
        astara-miyako (12/19)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM