占星術洋書読書会#166 デボラー・ホールディング記事、「伝統的占星術・医療におけるヒポクラテス、体液("humours")、気性("temperament")」

  • 2016.02.06 Saturday
  • 05:00
 おはようございます。

  第51回(ユーストリーム時代を含めると第166回)占星術洋書読書会、テキストは
占星術雑誌マウンテンアストロロジャー誌2012年02/03月号(#161)と致
しました。

 マウンテンアストロロジャー誌の回は前回より

 ゝ事一本をできるだけ読む、
 ▲船磧璽函Ε蝓璽妊ング、
の二部構成となっております、ユーチューブでは、これら二部をそれぞれ分割した
形で配信と致します。


 また以下にタイム・テーブル(=動画に字幕の入った時間基準)をも設けております
ので、ご覧頂きます際にはどうぞ参考になさってください。

Part 1/2 Deborah Houlding"Hippocrates,Humours,and
Temperament in Traditional Astrology and Medicine"(30
分01秒)
 


 ●01:45 ヒポクラテス的な文献からの引用文章

 ●06:45 ラテン語"medicina"について

 ●09:15 ラテン語"media"について

 ●10:40 現代での医療("medicine")と古代での医術("the art of medicine")

 ●12:40 環境、日常の飲食物、生活様式そして食物の管理についての知識を得
る事

 ●15:10 医療哲学が大いに関わる事とは

 ●16:15 ヒポクラテス的な文献が強調し論じているのは

 ●18:10 ヒポクラテス的な文献からの引用文章、その2
…この引用文章、後半部分
は訳せませんでした。

 ●20:20 ラテン語"regimen"について

 ●23:15 "diet(日常の飲食物)"という語について

 ●24:45 古代以降時代での医療に対するアプローチについて

 ●27:55 強力なハーブのレメディと毒について
…動画では誤訳がございます、「強
力なハーブと毒が現れ、日々の飲食物は人々の注目すべき焦点から外れました 」
を正といたします。

【ご紹介出来ませんでした記事残り、ダイジェストは以下になります】

 ●ヒポクラテスの教えとして現存する唯一の証拠について。

 ●デカンビチャーの哲学もまた、体液("humours"…ラテン語"umor"(【男性名詞】
湿気/液体/体液/飲料)に起因)という体の流動性、ならびに空気の質を決め
る季節・天空の環境("ambience")に関わる語が論じられたヒポクラテスの説に基
づいています。

 ●医療哲学の大半は、単に「あなたはあなたが食べるもの」でなく、「あなたは
あなたが呼吸し、食べ、飲み、陽光・天気・土地から得るもの」という、健康を決定
づける日々の飲食物("diet")の概念に根差しており、これら総てが個人における
気質("temperament")を定義します。

 ●それぞれ異なる道徳律(=地理的・天空的な関係によるもの)や出生季節により
気質も変わってくるという、根幹をなす哲学の重要性がヒポクラテスのテキストに
はあります、そして気質が関わるさまはプトレミー"Tetrabiblos"二巻にも明らか
です。

 ●イブン・エズラ"The Book of Nativities and Revolutions"からの引用、上昇サイ
ロング・アセンションサイン獅子乙女天秤射手)の場合、なら
びにショート・アセンションサイン山羊水瓶牡羊牡牛双子)の場合
それぞれにおけるチャートの持ち主の風貌について。

 ●南方からの太陽の熱による影響を充分受け得る、暑い気候(=熱帯?)に住む人
々と「胆汁質の怒りっぽい("choleric")」人々との関係について…以下、"melan-
cholic
黒胆汁質の憂鬱な)"、"sanguine多血質の陽気な)"それぞれの説明も
同様になされています。

 ●エレメント気質("temper")、気象を表した図(例、:陽気な:怒りっぽい
…、暖・湿:東風:木星熱・乾:南風:火星(と太陽)→…)が掲げられる。

 ●ですが、健康が個々の気質の分析のみで理解し得るというエンペドクレスの
教えをヒポクラテスは批判し、かわりに医療が環境ならびに生活のスタイルを知る
事を含むものであるとしました。

 ●小段落「体液について」:ヒポクラテスの健康に対するアプローチが単に日々の
飲食物やハーブ医療の原則を通じ病に打ち勝つというものでなく、個人一人ひとり
気質、道徳律そして居住環境についての包括的かつきめ細かい分析をも内包
していたのを古代の医師達は理解していました。

 なので、医療の明確な詳細を学び、どんな自然への取り組み方をすれば食糧、
植物、ハーブがもたらされるかを知る事が医師達には要求されました。

 ●病に伏している間、一つの体液が破壊的な割合(存在する)と推測された場合、
その体液と対照的なもの(体液)を利用する事で効果を和らげる事が医療上での
治療・手当てとして求められます…黄色い胆汁(=)を通じ病む人物には粘液
(=湿)な性質を有する薬や食物を与える等。

 ●四大体液("humor")−"sanguine多血質の陽気な)"、"yellow bile黄色い
胆汁質の
怒りっぽい)"、"phlegm粘液質冷淡)"、"black bile黒胆汁質の
憂鬱な)"−それぞれについての詳しい説明。


 ●小段落「ヒポクラテス的原則:今日の世界での立場」。

 ●四大気質を体液、所在地(? "seat"、"sanguine"の場合肝臓等)、放出物(?
"discharge"、"choleric"の場合尿等)、クオリティエレメント天体別に分けた表
が掲載される。

 ●まとめ、「ヒポクラテスに利用されたモデルは今日、時代遅れのものですが…」。


Part 2/2 チャート・リーディング(16分17秒)

 お題はアメリカの女性歌手、ティナ・ターナーの出生図です。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《占星術洋書読書会 予定》

 02/12…精読対象記事は
占星術雑誌マウンテンアストロロジャー誌2012年06/07
月号(#163)
収録、クリス・ブレナンの「ヘレニスティック占星術への導入、Part 2」
記事。

 04/01…占星術雑誌マウンテンアストロロジャー誌最新号からの記事を精読対象
といたします。

 06/03…占星術雑誌マウンテンアストロロジャー誌最新号からの記事を精読対象
といたします。


 総てユーチューブでの動画配信となります、今後もどうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

  • 2018.05.20 Sunday
  • 05:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 毎日のタロット一枚引きまとめ:01月16日(土)〜18日(月)
      かわら (01/21)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      倉本和朋 (03/04)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      astara-miyako (12/19)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM