占星術洋書読書会#86 ナサー"Under One Sky"、小惑星占星術での占断文章

  • 2014.07.12 Saturday
  • 05:00
 おはようございます、倉本和朋です。
 
 今回は、占星術洋書読書会@homeのレポートになります。

 Ustreamでの配信・録画は予定通り行われました。ライヴ、あるいは録画で
ご視聴頂きました皆様には感謝致します。ありがとうございました。

 ナサーR.Nasser"Under One Sky"をテキストと致しました。

  前回、第二回で熟読致しました、本書の主役・ジョイスJoyce氏自身による、
自叙伝的物語を踏まえての、占星術家によります占断文章の一回目として、
デメトラ・ジョージDemetra Georgeの文章を範囲と致しました。

 小惑星占星術関連図書の邦訳本もございます、デメトラ氏の文章の興味深い
点はたとえば、互いに独自でありつつ、同等の象徴を有する二つの小惑星が、
一つのホロスコープで奇しくも卓越している

−例、ギリシャ神話の"Hera"とローマ神話の"Juno"等−

場合、それを象徴の繰り返しとみなし、リーディングを進めている処、など
がございますけども、小惑星以外の基本リーディングだけでも十分、私達
読者をして頷かせるものがございました。

 小惑星は神話以外にも、人名や場所の名前等のそれらが際立つケースが
ございますけども、そうした類の指摘もデメトラ氏は行っています。

 これは余談になりますが、数多くの小惑星の度数を表示してくれる、占星術
ソフトは、高額な海外製品が殆どなので、なかなか難しいのですけども、
ネイタル・チャートでの小惑星の配置を知る事はとてもお薦めです。

 あと特記すべきは、これは今回のデメトラ氏のみならず、全占断文章につき、
言える事になるかと存じますが、各占星術家がけして目の前にいない、
ジョイス氏の人物像を描く際、象徴を何処迄具体的な事象に落とし込むか、
という点が興味深いですね。

 抽象的な次元に留まり過ぎると、私達読者に説明が行き届かない、占い師と
して勝負していないと取られるかもしれないし、具体的に過ぎると、実際の
ジョイス氏からかけ離れるかもしれない、この加減でございます、とても
お勉強になります。

 チャート・リーディングはすばらしい文章を提供下さった、デメトラ氏の
ホロスコープ、from Rodden's Databank、を取り上げました。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 《読書会予定》
 07/18…ナサーR.Nasser"Under One Sky"第四回、Pt.3、Interpretations、
ゲリー・クリステンG.Christenによる占断(=ウラニアン占星術)文章
 07/25…占星術雑誌"TMA"、Aug/Sep'14(最新号)
 08/01…ナサーR.Nasser"Under One Sky"第五回、Pt.3、Interpretations、
ロバート・ハンドR.Handによる占断(=中世占星術)文章

 11日はありがとうございました。今後もどうぞ、よろしくお願い致します。

スポンサーサイト

  • 2018.05.20 Sunday
  • 05:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 毎日のタロット一枚引きまとめ:01月16日(土)〜18日(月)
      かわら (01/21)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      倉本和朋 (03/04)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      astara-miyako (12/19)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM