スポンサーサイト

  • 2018.09.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    "Christian Astrology Vol.3"、@大阪・レディナダさん

    • 2014.03.31 Monday
    • 05:00


     おはようございます、倉本和朋です。


     今回は、3月29日(土)大阪・レディナダさんでの、占星術洋書読みの機会について
    ご報告致します。


     貴重な機会を下さいました、レディナダさん主宰・澤恵先生に感謝致します、ありが
    とうございました。

     ご参加頂きました皆様にももちろん、感謝申し上げます。ありがとうございました。


     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


     前回、2月の"C.A.Vol.1,2"に次いでの"Christian Astrology Vol.3"は、ネイティヴィ
    ティ(ネイタル)、ならびに未来予知を論じた一冊になります。

     冒頭、デヴィッド・ロエルD.Roellが述べていますように、ひょっとしたら、後世の私達が
    その価値を看過してきたに過ぎず、名著の誉れ高い、ホラリーを論じたVol.2同様の
    値打ちのある部分なのかもしれません。




     前半180分はネイタル・チャートの精度、すなわち出生時間の精度を問う技術であり
    ます、レクティフィケーションにかんする文章にフォーカスさせて頂きました。

     幾つか紹介がされております手法のうち、各天体のタームの度数等、"Promittor"
    等が書かれました表と、ライト・アセンションの表(p.492〜)とを用いる手法が詳述され
    ました部分を精読させて頂きました。

     各表ならびに、(リリーによる)計算数値とを照合しつつの読書となりましたのは、未来
    予知を述べた、デルースR.DeLuceの一冊を読んだ時と同じ…それにしても今回、この
    デルースの一冊を、ご参加頂きました皆様に、手にお取り戴くべく、持参致しましたのは
    つくづく正解でした。



     後半180分はディレクションについての文章精読でした。前半のレクティフィケーショ
    ン考察で既に、ディレクションは必須でしたから、内容自体は難しくはなかったかと存じ
    ます。

     ディレクションのお話の際、上記デルース本と併せてご紹介させて頂きましたのは、
    上述冒頭でロエル氏も触れております、コレヴL.Kolevの一冊。私はわざわざ(苦笑)、
    洋書を購入と致しましたが、和訳本がございますのでそちらを改めてお奨め致します
    次第です。



     今回を以て、約900頁の分量になります、歴史的大著をダイジェストという形ではござい
    ますが、6時間×2回=12時間で読み進めました事になります。

     平素行わせて頂いております読書会がたとえば、約400頁の分量著書を15時間(=150
    分×6回)程度で読み進める格好である事を踏まえれば、互いの性格づけはやはり異な
    りますね。

     そして平素の読書会は基本、Ustream用PC内蔵カメラを前に、私一人で進めさせて頂
    いておりますので、ご参加頂きます皆様からのリアクションがございます事じたい、大い
    に異なる処でございます。改めて皆様、そして澤様に感謝申し上げます、ありがとうござ
    いました。



     29日はありがとうございました。今後も何卒、よろしくお願い致します。

    "Christian Astrology Vol.1&2"、@大阪・レディナダさん

    • 2014.02.24 Monday
    • 05:00
     おはようございます、倉本和朋です。


     今回は、2月22日(土)大阪・レディナダさんでの、占星術洋書読みの機会について
    ご報告致します。


     貴重な機会を下さいました、レディナダさん主宰・澤恵先生に感謝致します、ありが
    とうございました。

     ご参加頂きました皆様にももちろん、感謝申し上げます。ありがとうございました。


     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


     今回、『占星術の古典的名著』としてテキストに、とのご要望賜りました、
    "Christian Astrology Vol.1,2"は、私一存のお話になりますが5年前、会社勤め時代
    に、2番目に読みました占星術洋書になります。

     本書を読むに至るきっかけのひとつに、國分秀星先生のhpの存在がございました。

     國分先生はオリヴィア・バークレーO.Barclayから直にホラリー占星術を学び、占星術
    雑誌、"Free Considerations"等への投稿等で、欧米でも知られる占星術家です。

     本書を苦心の末、一通り読破後、上記バークレーが出版に尽力なさった、'85年第三刷

    収録の、パトリック・カリーP.Curry&ジェフリー・コーネリアスG.Corneliusによる巻末
    文章や、バークレー、リー・レーマンL.Lehman等古典派の方々の作品、そしてキャンピ
    オンN.CampionやボブリックB.Bobrickの歴史書に書かれたリリーW.Lillyを読むにつれ、
    氏ならびに本書にかんする印象も、この5年間で徐々に様替りしてきたように、改めて
    思います。


     前半180分は比較的早い展開で、Vol.1全体を超ダイジェストでご紹介、後半180分は
    Vol.2中の箴言集、ならびにFigureを含む実占例を読んでまいりました。後半での、
    皆様からの様々なご意見には、重ねてお礼申し上げます、私にとって、大変な学びの
    機会になりましたし、そして何より、とてもたのしかったです!


     次回('14.3.29)同"Vol.3"を6時間で読み進めてゆきます予定です。22日はありが
    とうございました。何卒よろしくお願い致します。
     

    占星術洋書読み、'13・12・28@大阪・レディナダさん

    • 2013.12.30 Monday
    • 06:45
     おはようございます、倉本和朋です。


     今回は、12月28日(土)大阪・レディナダさんでの、占星術洋書読みの機会について
    ご報告、になります。


     貴重な機会を下さいました、レディナダさん主宰・澤恵先生に感謝致します、ありがとう
    ございます。

     ご参加頂きました皆様にももちろん、感謝申し上げます。ご静聴頂き、ありがとうござい
    ました。


     始発の新幹線。未明の、朝日を直には浴びていないかもしれぬ富士山。名古屋〜
    京都間は遠い連峰迄が雪景色で、車内の気温もすこしばかり下がったかも。そして
    大阪。私事になり、恐縮ですが、
    1年2ヶ月ぶりに来させて頂きました事になります。

     毎週、Ustream用ウェブ・カメラを前に、3時間、お話させて貰っているとは申せ、ご参加
    下さる皆様・人様を前に、お話させて頂きますのはじつに8ヶ月ぶり、しかも3時間×2回
    というのは、いつもの倍の長さ。

     占星術の歴史、ならびに洋書120冊ご紹介はそれぞれ、昨年10月26日、11月2日、
    松村潔先生事務所でお話させて頂きました内容の増補版、といった趣きでありました。

     澤様、ご参加頂きました皆様に助けて頂きつつ、何とかコンプリート、とさせて頂き
    ましたが、復路・新幹線車中等では、往路と異なり、車窓の向こうが夜・闇でありました
    事もあり、風景よりも今回、経験させて頂きました事をあれこれ、顧みる時間と
    なりました。


     次回、第二回('14.2.22)・三回('14.3.29)は、より一層、良い形でお届け出来ます様、
    努めて参りたく思っております。"Christian Astrology Vol.1,2"同"Vol.3"をそれぞれ、
    6時間で読み進め、エッセンスを抽出してゆきます。何卒よろしくお願い致します。

    大阪・レディナダさんより、占星術洋書読みの機会を賜りました

    • 2013.10.03 Thursday
    • 20:00
     こんばんは、倉本和朋です。


     今回は大阪・レディナダさんより、占星術洋書にかんする講座の機会を
    賜りました事のご報告になります。

     西洋占星術・洋書読み講座@大阪・レディナダさんのページ


     まず、占い界に於いて若輩者の私に、かような機会を下さいました、
    大阪・レディナダさん代表でいらっしゃいます、澤恵先生に感謝致します、
    誠にありがとうございます。


     ’13年12月28日(土)大阪・心斎橋北堀江セミナールームさんにて、
    第一回開催、以降第二・三回は’14年2・3月開催になります。


     第一回は、上掲ページにございます内容となりますが、これは松村潔先生
    の千駄ヶ谷、旧事務所で行わせて頂きました読書会、

    ・第一回目(’12年10月26日(金)開催)の内容、すなわち占星術の
    歴史とその歴史を作った占星術家、ならびに日本の占星術への影響のご紹介
    ・第二回目(翌週11月2日(金)開催)の内容、すなわち占星術洋書
    100冊ご紹介

    の二回分を混ぜ合わせたものにプラス、’12年10月〜’13年9月の
    一年間で私自身が学び、上積みさせて頂きました処(洋書は20冊)を
    加えた感じの内容になります。


     松村潔先生の許、洋書読書会を行わせて頂いております(現在は拙宅で
    ustream配信・録画のみ) が、東京を離れた場で、お話させて頂くのを
    たのしみにしております。

     松村潔先生の許での開催では毎回、私同様、占星術を学ぶ方々から実践を
    なさっておられる方々迄、様々な皆様にご参加頂きました事により、私自身
    の方こそ、大いに学ぶ処があったように思います。

     大阪府・近畿地方にお住まいの方々を始めと致します、皆様のお越しを
    心よりお待ち申し上げております。どうぞよろしくお願いいたします。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 毎日のタロット一枚引きまとめ:01月16日(土)〜18日(月)
      かわら (01/21)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      倉本和朋 (03/04)
    • 占星術洋書読書会#57 占星術の歴史ヅ群星から、天使名に因んだ占星術家迄
      astara-miyako (12/19)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM